1. HOME
  2. レシピ
  3. 【レシピ】牛すじ肉を美味しく活用!ボーンブロスで作る「牛すじ煮込み」
レシピ

【レシピ】牛すじ肉を美味しく活用!ボーンブロスで作る「牛すじ煮込み」

レシピ

こんにちは!スーパーで牛すじ肉を見つけると、献立とは関係なくてもついつい買ってしまうソンドです。
牛すじ肉は手間を惜しまなければ、これほど栄養価の高いお肉はありません。美味しくてリーズナブルで、コスパが非常に高い食材なんです。
ただお店によってかなり質が違うので、気をつけて選びたい食材でもあるんです。
そこでこちらの記事では、そんな牛すじ肉をボーンブロスで煮込んだ栄養満点煮込み料理のレシピをご紹介します。

目次

  1. 牛すじ肉の栄養価
  2. ボーンブロスとは?
  3. ボーンブロスの効能
  4. 材料(8食分)
  5. 調理方法
  6. ボーンブロスを活用した他のレシピ

牛すじ肉の栄養価

牛すじ肉100gあたりに、タンパク質が28.3gも含まれています。鶏胸肉は23.3g、牛肉の他の部位が平均で20g弱ですから、かなり高タンパクな食材です。
またゼラチン質も豊富で、コラーゲンもしっかり摂ることができます。
良質な牛すじ肉を選ぶポイントは、白い部分が多いものは選ばず、なるべく赤身が多いものを選んでください。

Title

Description

ボーンブロスとは?

牛や豚、鶏、魚などの骨を煮込んで作られるスープのことを「ボーンブロス」と言います。
ボーンブロスには身体にとって必要不可欠な様々なアミノ酸が豊富に含まれています。

ボーンブロスの効能

①ボーンブロスに豊富に含まれる「グルタミン」には腸粘膜を修復し、腸内環境を整える効果があります。
②ボーンブロスに豊富に含まれる「グルタミン」は疲労回復にとても効果的で、肝臓も元気にしてくれます。
③ボーンブロスに豊富に含まれる「グリシン」「プロリン」はコラーゲンを構築する主な成分で、髪や肌に内側から潤いを与えます。
④ボーンブロスに豊富に含まれる「グリシン」は睡眠リズムを整え、心地よく深い睡眠への効果があります。

材料(8食分)

ボーンブロス 750g(タンパク質41g・825kcal)
牛すじ肉 1kg(タンパク質283g・1570kcal)
長ネギ 2本(タンパク質1.6g・40kcal)
玉ねぎ 1個(タンパク質2g・74kcal)
大根 1/2本(タンパク質3g・27kcal)
水煮たけのこ 100g(タンパク質3g・80kcal)
水煮うずらの卵 10個(タンパク質26g・334kcal)
えのき 1パック(タンパク質2.7g・22kcal)
舞茸 2パック(タンパク質4g・30kcal)
<その他調味料>
おろしにんにく 50g
おろし生姜 50g
醤油 150g
砂糖 100g
料理酒 50g
コチュジャン 50g
塩 30g

タンパク質・カロリー計
タンパク質366.5g・3107kcal(1食あたり タンパク質45.8g・388.3kcal)

調理方法

Title

Description

(0) 東京・中野坂上のスーパーライフで良いの牛すじ肉を見つけたので、こちらとボーンブロスを使って栄養満点の煮込みを作ります。

Title

Description

Title

Description

(1) 一口サイズにカットしたら鍋に入れ水から沸かしていきます。このときにアクをどんどん出していきます。

Title

Description

(2) アクを流してしっかりと水洗いします。

Title

Description

(3) キレイに洗った牛すじ肉を鍋に入れ、もう一度水から沸かします。この時はアクはほとんど出ません。

Title

Description

(4) 沸騰したらフタをして、鍋帽子に入れ一晩置いておきます。鍋帽子についてはこちらの記事でご紹介しています。

Title

Description

(5) 牛すじ肉からとれた出汁に、ボーンブロス750gを加えます。

Title

Description

(6) 醤油150g、砂糖100g、料理酒50g、コチュジャン50g、おろしニンニク50g、おろし生姜30g、塩30g、大根1/2本、ネギ2本、玉ねぎ1個、水煮うずらの卵10個を加えてスープが沸いたらもう一度鍋帽子に入れます。

Title

Description

(7) このまま3〜5時間寝かせます。

Title

Description

(8) 舞茸2パック、えのき1パック、水煮タケノコ1パック入れてスープが沸いたら…
※舞茸はタンパク質も多くビタミンDが豊富でタンパク質の吸収を良くします。きのこの中ではダントツにアスリート向けの食材なんです!

Title

Description

栄養満点ボーンブロス「牛すじ煮込み」のできあがり!ご飯が止まらないとろとろスープです。

ボーンブロスを活用した他のレシピ

ボーンブロスには天然のうまみ成分であるアミノ酸「グルタミン」が豊富に含まれており、肉や魚、野菜を煮込んで塩などのシンプルな味付けをすれば本格的なスープ・鍋料理ができあがります。
Rich Soupのボーンブロスを活用したレシピを多数ご紹介しておりますので、ぜひこちらもご覧ください。