1. HOME
  2. レシピ
  3. 【レシピ】旨味が濃厚に溶け込んだボーンブロスで作る「スープカレー」
レシピ

【レシピ】旨味が濃厚に溶け込んだボーンブロスで作る「スープカレー」

レシピ

こんにちは!夏だ、カレーだ、二日酔いだ!ということで、飲みすぎた次の日に無性にカレーが恋しくなるソンドです。
カレーの中でもスープカレーが特に恋しくなってしまいます。
そこで二日酔いの回復にも効果のある旨味たっぷりなヘルシースープ「ボーンブロス」を使って、スパイスを効かせた美味しいスープカレーを作ってみましたので、こちらの記事でレシピをご紹介します。

目次

  1. スープカレーにおすすめなスパイス
  2. 旨味と栄養が濃厚なスープ「ボーンブロス」
  3. 材料
  4. 調理方法
  5. ボーンブロスを活用した他のレシピ

スープカレーにおすすめなスパイス

スープカレーに欠かせないスパイス、それは「バジル」です。
スープカレーの本場・北海道では、スープカレーに必ずと言っていいほどバジルを使います。
バジルは強い抗酸化作用を持ち、老化を抑える効果があります。また身体を内側から温める効果も高いです。
スープカレーを食べると汗をかいて、スッキリと元気になりますよね。
また今回ご紹介するスープカレーには、スパイスを効かせるために通常よりも多く「クミン」を入れていきます。
クミンには免疫力アップや美肌効果、老化防止やリラックス効果など、美容や健康に良い効果がたくさんあります。

旨味と栄養が濃厚なスープ「ボーンブロス」

牛や豚、鶏、魚などの骨を煮込んで作られるスープのことを「ボーンブロス」といいます。
うまみ成分である「グルタミン酸」が豊富で旨味が濃く、水の代わりにボーンブロスを使うことで料理がとても美味しくなります。こちらのスープカレーのベースに使うことでスープがコク深くなりとても美味しくなりました。
またボーンブロスは身体にとって必要不可欠な様々なアミノ酸などの栄養が豊富に含まれており、美味しくて身体に優しい万能スープです。

材料

<スープ6食分>
ボーンブロス 250g(タンパク質13.6g・275kcal)
玉ねぎ3個(タンパク質6g・222kcal)
トマト缶 400g(タンパク質4.8g・96kcal)
合計:タンパク質24.4g・593kcal(1食あたり タンパク質4g・99kcal)

<具材1食分>
骨付き鶏もも肉 300g(タンパク質45g・300kcal)
にんじん 1/4本(タンパク質0.6g・14kcal)
ナス 1/4本(タンパク質0.3g・6kcal)
舞茸 1/4パック(タンパク質0.5g・3.5kcal)
万願寺とうがらし 1本(タンパク質1.3g・26kcal)

<調味料>
水 2L
塩こしょう
中華だし 1袋
クミン 10g
SBカレー粉 30g
ガラムマサラ お好み量
バジルスパイス お好み量
おろし生姜 20g
おろしにんにく 20g
サラダ油 適量

タンパク質・カロリー計
1人前あたり タンパク質51.3g・386kcal

調理方法

(1) 骨付き鶏もも肉に火を通しながら出汁をとります。お肉に塩こしょうをして皮の面から焼いていきます。

(2) 両面に焼き目がついたら水2Lで煮込んでいきます。

(3) にんじんと生姜を加え一緒に煮込みます。

(4) 塩20g、中華だし1袋を加え、沸騰したらアクと脂をしっかり取ります。

(5) フタをして鍋帽子を被せ、3時間ほど寝かせます。

鍋帽子:「火無しコンロ」と呼ばれる調理グッズで、沸騰した鍋に被せて置いておくと具材が型崩れすることなくじっくり煮込まれ、具材に味が染み込んで上品な仕上がりになります。

(6) 鶏肉を炒めたときに出た脂で、玉ねぎ3個をみじん切りにして炒めます。

(7) クミン10gとおろしにんにく、おろし生姜を20gずつ加えます。

(8) 玉ねぎがしんなりしたら、トマト缶400gを加えて炒めます。

(9) 火が通ったらボーンブロス250gを加えます。

(10) 骨付き鶏もも肉でとった出汁を1L加えます。

(11) 煮込んだ骨付き鶏もも肉とにんじんを加え、塩30g、SBカレー粉30g、ガラムマサラ、バジルスパイスをお好みで加えます。

(12) ナスをサラダ油で揚げ焼きしていきます。

(13) ナスに半分ほど火が通ったら万願寺とうがらし、舞茸を加えてフタをし、蒸し焼きにします。

盛り付けたらボーンブロスで作る「スープカレー」のできあがり!

ボーンブロスを活用した他のレシピ

ボーンブロスには天然のうまみ成分であるアミノ酸「グルタミン」が豊富に含まれており、肉や魚、野菜を煮込んで塩などのシンプルな味付けをすれば本格的なスープ・鍋料理ができあがります。
Rich Soupのボーンブロスを活用したレシピを多数ご紹介しておりますので、ぜひこちらもご覧ください。